支援学校等

紀北支援学校

和歌山県立

紀北支援学校⑦

〒640-0332 和歌山市冬野227

TEL.073-479-1356

FAX 073-479-2677

学校紹介

●学校紹介●
昭和48年、和歌山県で最初の知的障害養護学校として開校されました。平成5年度からは肢体不自由学級が設置され、現在小・中・高等部に知的障害・肢体不自由の各学級があり、多様な障害のある児童生徒が学んでいます。また、平成18年度から愛徳整肢園内に分教室(小・中学部)が設置され、平成20年4月より、校名が「紀北養護学校」から「紀北支援学校」に改称されています。

校区は、和歌山市の紀の川以南(高積中学校区を除く)、海南市(下津町を除く)と海草郡紀美野町となっています。

●進路指導目標●
児童生徒一人ひとりが社会性を身につけつつ自己を発揮し、より一層豊かな生活を送れるよう、学校で培った力を高めながら、自ら生活を拓き楽しめる人間形成をめざす。

●高等部の進路指導状況●
高等部では、1年時から生徒の進路希望を把握し、進路学習や作業学習、校内実習、職場見学、進路懇談などを実施して、働くことを身近にとらえる取組を行っています。また、企業や商店、作業所などでの現場実習を通して、働くことの大切さを学び、社会生活の実際を体験できる学習に取り組んでいます。

これらの取り組みを通して一人ひとりの生徒の実態、進路の適性、本人・家族の希望、受け入れ側の条件と態勢等を総合的に判断し、本人・保護者と相談の上、最も望ましい進路を選択できるような進路指導を行っています。作業科目・作業の様子・現場実習等

●現場実習について●
一般企業や施設・作業所に協力をお願いし、実際の職場で働かせていただき、職場体験をとおして社会人として必要な資質や能力を身につけることを目的としています。

高等部1年生は1回、2・3年生では2回実施しています。実習期間は3~5日間を原則としていますが、目的や必要に応じて2~3週間することもあります。

          
                     飲食店での接客                                  スーパーでの品出し   

         
       段ボール整理                                              商品のラベル張り

事業所データ

名称  和歌山県立 紀北支援学校 〈本校〉  和歌山県立 紀北支援学校 〈愛徳分教室〉
住所 〒640-0332 和歌山市冬野227  〒641-0044 和歌山市今福3丁目5番41号
TEL  073-479-1356  073-423-8441
FAX  073-479-2677  073-423-8441
 URL   http://www.kihoku-sh.wakayama-c.ed.jp/

 

このページのトップへ