支援学校等

附属特別支援学校

和歌山大学教育学部

玄関

〒 641-0031 和歌山市西小二里2丁目5-18

TEL.073-444-1080  

FAX 073-447-2597

学校紹介

本校は、現在児童生徒60名で、和歌山市・海南市・岩出市から通学している。小学部ではスクールバス利用や保護者送迎が多いが、通学指導によって、中学部・高等部になると、公共交通機関や自転車等を利用して、自力で通学する生徒も多くなる。

本校では、一人一人の児童生徒の能力や特性に応じた教育を行い、積極的に社会参加できる人間を育成することを教育目標に、小学部・中学部・高等部にわたって一貫した教育を行っている。さらに地域の特別支援教育のセンター的役割を担うとともに、大学との連携のもと、公開講座、研究発表会、公開授業等情報発信を行っている。また地域のNPO法人と連携し、小学部高学年から中学生生徒対象に、週1回1時間、地域のサポーターと職場体験をする「ぷれワーキング」を開始している。その他、障害者理解及び特別支援教育の理解と関係機関・企業同士のつながりをねらいとした「パートナーシップ見学会」を毎年実施している。

作業科目・作業の様子・現場実習等

●産業現場等における実習●

・中学部3年では、3日間、福祉作業所での体験実習を実施している。

・高等部生徒全員(1年~3年)が一斉に事業所で実施している。1,2年段階では、障害の程度に
1かかわらず
事業所で実習を行う。3年になって、一般就労・福祉的就労に分かれて実施する。
あああ
6月(1週間) 9:00~15:00    11月(2週間) 9:00 ~ 16:00

1年(経験実習)             :学級あるいは複数での実習を行う。教員は付添指導を行う。

2年(チャレンジ実習) q :生徒には、自分の課題を克服できるように一人で実習を行う。
ああああ ああああああ  p阿 教員は1日1度指導する巡回指導を行う。

3年(進路実習)            :自分の希望する職種への就労をかけた実習を行う。

事業所データ

名称 和歌山大学教育学部附属特別支援学校
住所 〒 641-0031 和歌山市西小二里2丁目5-18
TEL 073-444-1080
FAX 073-447-2597
URL  http://www.pal.wakayama-u.ac.jp
アクセス 和歌山バス利用JR和歌山駅から ②番のりばから西浜雑賀崎行きに乗車し、「和歌山工業高校前」にて下車、徒歩5分南海和歌山市駅から ⑥番のりばから西浜経由新和歌浦行きに乗車し、「小二里」にて下車、徒歩5分
このページのトップへ