本日、障害者雇用促進法改正法案を閣議決定し、国会へ提出

○本日、「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案」を閣議決定し、先ほど参議院へ提出しました。
○障害者雇用促進法改正法案は、障害者権利条約の批准に向け、雇用分野における障害者に対する差別の禁止と合理的配慮の提供を定めるとともに、障害者の雇用に関する状況に鑑み、精神障害者を法定雇用率の算定基礎に加える等の所要の措置を講ずることを規定し、障害者雇用の更なる促進を図ることとしています。
○厚生労働省としましては、今国会で速やかに成立していただけるよう、引き続き、全力で取り組んでいきます。
○なお、改正法案の概要等は、以下のホームページで確認することができます。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/183.html
このページのトップへ